歯医者を選ぶなら評判などを調べることが最もお勧め出来ます

歯医者

もっと早くに歯医者にいけばよかったです

歯のチェック

虫歯があることはわかっていたのですが、最初は気にせずに過ごしていました。しかし、次第にそこの虫歯が痛みだしご飯を食べると歯が欠けていくのがわかるくらいまでに進行していました。でも仕事でなかなか歯医者にいく暇がなく、どうしても歯が痛い時は痛み止めを飲み我慢してきました。最終的に歯に穴が空いてしまいご飯が挟まってしまったり噛むことができないくらいまでになってしまいました。
時間を作ることができたので歯医者に行くと、もう神経が死んでいるといわれだいぶショックを受けました。治療は一ヶ月近くもかかり自分の歯はなくなり銀歯になってしまいました。自分の歯がなくなるのはこんなにもショックだなんて思ってもいませんでした。もう少し早く行っていれば歯を失わずに済んだのかなと考えてしまいます。
ですが、今では銀歯にはなってしまいましたが痛くて噛むことさえできなかった歯で硬いものを気にせずに食べたり冷たいものをたべることができるようになりました。改めて歯は生きていく中で大事なんだと気付かされました。これから歯医者に定期的にいくのは難しいですが、虫歯があったりちょっとでもおかしいなと思った時にはすぐに歯医者に行こうと思いました。

良い歯医者を選ぶポイント

虫歯の治療や歯石を除去する時には歯医者に通う事になりますが、歯医者にもいろいろな規模の歯医者があるので選び方も重要になってきます。虫歯の治療や歯石を除去する時は歯に対するリスクが少なからずあるので良い歯医者を選んでいきたいところでしょう。そのため良い歯医者を選ぶポイントを見ていく事にしましょう。
まず最初に歯医者に通って治療をする時は誰でも不安があるものです。そのため治療する前に事前に説明をしてくれるかどうかというのは見ておきたいポイントです。特に虫歯は軽い状態から酷い状態まであるのでその辺りの説明はしっかりしてもらいたいものです。説明をしっかりしてくれれば患者もどのような状態なのかをしっかり把握する事が出来るので安心して治療をする事が出来ます。
次に歯医者内の衛生面もしっかり確認しておきたいポイントです。歯の治療は削ったりする事もあるので治療器具が消毒されているなどはしっかり確認しておきましょう。また治療する場所だけではなく待合室やトイレなども清潔にしてあるかどうかも確認しておきましょう。
良い歯医者を選ぶポイントは主にこの2点ですが、時には担当の医師と相性が合わないという事もあるのでその辺りもしっかり確認しておきましょう。

苦手意識を持ってしまう歯医者

歯医者と聞くとどうしても苦手意識を持ってしまいます。あの何とも言えないウィーンという器具の音が苦手なのは子供はもちろん大人も苦手な人はいると思います。子どものころは歯医者に行くのが本当に嫌でした。でも親に定期健診で必ず連れていかれていたのでますます苦手になっていました。自分が親になってからは子どもにはそんな思いさせたくないと思っていました。それでも虫歯予防や治療のために行かないといけなくなってしまい、どの歯医者がいいのかリサーチをしていくことにしました。
結果としては子どもは泣き叫び、怖がるようになってしまいました。その人がいいと思っても自分の子どもには合わないということもあるものです。少々時間と診察券の量が増えますが、子どもに合った歯医者を探すことが大切だと思いました。
あるところでは診察台に座るだけで終わることがありました。そのあとは寝て口を開けるところまで。そのあとは器具をこうやって使ってこうやって治療するんだとシミュレーションをするのみ。そうやって本格的な治療をするまでに何回か通うことによって苦手意識を除いていきました。
慣れるまで時間がかかりましたがそのおかげできちんと治療をしてくれるようになりました。初めからウィーンと治療をされると怖いものです。少しずつでも慣らしていければ子どもでもきちんとできるものだと思いました。

定期的な歯のメンテナンス

歯医者へ行く時、大抵は歯が痛くなったり詰め物が取れたりと何か症状が起きてから行くことが多いのではないでしょうか。歯が痛くなってからも仕事が忙しかったりして、すぐに歯医者に行くことが難しいことがあるかもしれません。そうするとどんどん歯の状態が悪化して、歯医者に何回か通院するはめになるかもしれません。歯が健康でないと、美味しいものが満足に美味しいと思えなかったり、痛みで仕事に集中できなかったりと良いことがありません。
歯がいつも健康でいられるように、歯の定期的なメンテナンスをすることをおすすめします。痛みがなくても定期的に歯医者で診てもらうことによって、虫歯予備軍が見つかったり、歯茎の状態で歯周病の可能性が見つかったりと予防することができます。また、歯石がたまっていたり汚れや黄ばみがある場合は歯医者衛生士による歯のそうじをしてもらえます。どこに磨き残しがあるのか指摘してもらえるので、自分の歯の磨き方の癖がわかります。
毎日物を飲み食いし、しっかり歯を磨いたつもりでも完璧に汚れを落とすことは出来ません。その汚れの蓄積で歯は何らかの症状が出ます。そうならないように是非定期的にメンテナンスへ行きましょう。歯というのは一生使う道具です。年老いても自分の歯で物を食べたいというのは、誰もが望む理想です。


大阪で人気の歯医者は大阪デンタルクリニックです!
こちらでは、痛くない治療法で行ってくれるので、安心できるのです。また日曜日にも対応しておりますので、ぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか?歯医者さんが苦手な人でも楽しく通院できるので、おすすめです!大阪にはたくさん歯医者はあるのですが、その中でも地域の方からの好評もいただいております!

関連記事

  • 医療器具

    歯科を探すときには?

    歯科医院と言うのは、実は物凄く沢山あります。具体的にいいますと全国でコンビニよりも多いとされて…

    »続きを読む

  • 歯の検診

    歯科の矯正についてのこと

    歯の矯正というのは、色々とやり方があります。例えばマウスピースで簡単に出来るタイプもあります。…

    »続きを読む

  • 歯ブラシと治療道具

    歯科というのは実に沢山あります

    歯科というのは、探してみると非常に沢山あることに気付くでしょう。実はコンビニよりも多い…

    »続きを読む

  • 歯科医師

    歯科医は大変だなと思います

    痛いときには急に来てなんとかしろ!と言い、治療が済むと逃げるように去って行く…。診察後にじっく…

    »続きを読む